排卵検査薬と通院の併用

排卵検査薬と通院の併用

排卵検査薬と通院を併用することによって、両方の検査結果に違いが出ることがあります。
やはり排卵検査薬は100%の精度ではありませんので通院と併用した方が、精度が高まっておススメという妊活ブロガーさんもいますね。
ただ、高齢出産は、ダウン症などの障害の可能性もありますので、やっぱり、出生前診断をする人は多いそうですね。
子供は欲しいけど、やっぱり健常児が欲しいと言うのは、多くの人の本音だと思います。
障害児を生んだ場合、運が良ければ、子供が自立してくれますが。
あまりにも重い障害を持って生まれてしまった場合は、一生子供が親の援助を必要としてしまいます。
それだけに、やはり高齢出産になる場合は、出生前診断で、できるだけリスクを減らしたいっていう思いはあると思います。
実際に、出生前診断で問題があるとされた場合、子供を諦める人もいるようですからね。
35歳以上は、まだまだ健康な赤ちゃんを産んでいる人も多いけど、その陰でダウン症や、障害を負った子供が生まれる可能性もありますので、タダ健常児が欲しいという思いで妊活をしていると、やっぱり後になってから、ショックを受けることもあります。
パートナーとの話し合いが大事だと思います。

 

 

妊娠確率を求めるのであれば排卵検査薬だけではダメ!

市販の排卵検査薬と通院の卵胞検査を併用する方が、妊娠確率は高くなると言われています。
というのも、市販の排卵検査薬だけでは、排卵日が一体いつなのか、生理周期が乱れている人が自力で正確に把握することは困難だからです。
特に基礎体温がガタガタで、無排卵の可能性もありそうな人は、自力でのタイミング法よりも、病院に頼った方がやはり効率良い妊活が行えます。
通院と排卵検査薬の併用は、「お金がかかるんじゃ?」と警戒する人もいるかもしれませんが、排卵日がわからないで、毎月大量にテスターを消費するより、卵胞検査でちゃんと卵胞の成熟度合いをチェックしてもらったほうが、やっぱり確実です。
ただ、40代になってくると、女性だけの問題ではなく、やっぱり男性の方も、色々と問題が出てくると言われています。
例えば父親の年齢が高齢になるほど、自閉症のリスクが高くなるって言われているようです。
一生懸命、妊活しても、やっぱり子供が障害を患う可能性もあるので、高齢出産を望む場合は、ちゃんと子供の障害のリスクについても、よく考えないといけなくなってしまいます。
子供が出来ても、本当に大変なのは、やっぱり産んでからだと思いますからね。

 

 

病院通いしている人も多いタイミング法

妊活ブロガーさんの記事を読んでいると、結構市販の排卵検査薬と病院通いを併用している人が多いんだな~って思いました。
純粋に排卵検査薬だけで妊活に成功した人も勿論いますが。
やっぱり半年くらい試してみて、自力の妊活で結果が出なければ、残りの半年を排卵検査薬と通院で併用してみるのもアリですね。
妊活を始める時には、夫婦でちゃんと、子供が作れる体なのか、確認をしてもらうことがすごく大事だと思います。
どっちかの体に問題があれば、やはり自分で排卵検査薬を使ってタイミング法を試しても、なかなか自然妊娠しにくくなってしまいます。
タイミング法というのは、お金のかからない妊活方法なだけに、健康な男女が子作りをした時に有効な補助剤であり、どっちかの体に問題がある場合で使用すれば、当然先に治療をする必要が出てきます。
自分たちの体に問題があるかないかもわからないまま、妊活を闇雲に始めて、やっぱり結果はついてきませんからね。
嫌かもしれませんが、旦那さんと一緒に、病院で一度確認してもらうことをおススメします。
もしもその時の病院が良ければ、引き続き、タイミング指導を受けても良いと思いますしね。
医者との相性っていうのはすごく大事です。

 

 

病院と排卵検査薬の併用だと費用はどのくらい?

排卵検査薬は病院と併用してタイミング法に挑む人がいます。
病院と排卵検査薬の併用だと、月に1万円~2万円位あれば、普通は十分な費用になると思います。
最近は芸能人でも、不妊治療をしている人が多いけど、それは芸能人がある程度お金があるからこそ、挑戦できるという意味もあると思います。
排卵検査薬によるタイミング法であれば、誰でも挑戦できると思いますが、体外受精になってくると、話は別!
やっぱり不確かな体外受精に、1回30万円~50万円が無駄になるかもしれないのに、お金を賭けることが出来るっていう人は、やっぱり経済的な余裕が合ったり、自分たちの生活を落としても良いと覚悟をしている人だけ。
これまで、排卵検査薬のタイミング法には協力的だった旦那さんが、体外受精はやはり料金を考えて、賛成してくれないというケースもよく聞きます。
それだけに、やっぱり子供が本当に欲しくても、経済的な面で諦めないといけない人も出てきます。
自分たちの経済的な質を落としてまで子供を求めるか、それとも自分たちの生活の質を上げることで満足するか。
やっぱり夫婦でも、年を取ってくると、色々な不安が付きまといますので、難しくなってきますよね。

 

 

自分で挑戦できるタイミング法

タイミング法は自分で排卵検査薬を購入して挑戦する人が多いですが、精度が欲しいっていう人は、更に排卵検査薬の他に病院でのタイミング指導も併用していますね。
病院でのタイミング法と排卵検査薬を併用することによって、よりタイミングを取りやすくなるので、金銭的に余裕がある人は挑戦してみると良いですね。
でも、40代も後半になってくると、不妊治療の後に子供が授かれても、育児で金銭的な問題が出てきます。
特に会社員の場合は、60歳で定年だと、40代の前半までに子供を作らないと、定年後も育児が続きます!
特に高校や大学などの、教育費用が多くなる時に定年を迎えてしまうと、もう教育ローンも厳しくなってきますし。
貯金で対策しないと、なかなか難しくなってきます。
カードローンなどの申し込みは、年金受給者ではNGなところが多いので、いざ教育費が足りなくなった時に、定年者では厳しい物があります。
そうした現実的な出費を考えるのであれば、やっぱり男性も定年前に育児をある程度終わらせておきたいと言うのが本音だと思います。
定年が65歳頃であれば40代の後半でもなんとかなると思いますけどね。
60歳定年の場合は、早く子供を作る必要があります。

 

page top