妊活を始める平均年齢

妊活を始める平均年齢は?

排卵検査薬などを使ったりして妊活を始める平均年齢は35歳前後と言われています。
35歳というのは、女性の初産の場合、高齢出産になってくるので、やはりその辺を目途に妊活を始める人が多いんでしょうね。
35歳という妊活開始の平均年齢になると、やっぱり最初に試すのは排卵検査薬によるタイミング法だと思います。
ただ、最近は男性不妊も原因になっていることが多いので、排卵検査薬を使ったタイミング法では、男性側に不妊原因があった場合、効果がなくなってしまいます!
特に男性に多いと言われているのが、やはり晩婚化による精子の老化だと指摘する声もあります。
無精子症だけではなく、精子の動きや数が妊活をするのに、十分なレベルに達していない人が多いのです。
女性も卵子の質で、妊娠できるかどうかが変わると言われていますが、男性もやはり精子の質というのが、すごく大事になってくるようです。
特に男性の不妊の場合、病院に通院することになると、嫌がる人も多いです。
そこまでして、子供を欲しくないと、妊活に非協力的になってしまう人もいます。
そのため、妊活を始める前には、ちゃんと夫婦で病院でチェックを受けて、まずはお互いに問題がないことを確認しないとダメだと思います。

 

 

タイミング法に挑戦する平均期間は?

排卵検査薬を使ってタイミング法に挑戦する平均期間は、大体1、2年と言われています。
時間がない人は半年~8カ月くらいで早々に見切りをつけて、次の不妊治療のステップに進む人も多いです。
排卵検査薬での妊活にどのくらい時間をかけるかは、平均期間が必ずしも当てはまるわけではありません。
やっぱり、出産のタイミリミットが迫っている40代の人なんかは、当然結果が出ないのであれば、次々と他の治療方法へ進んでいく方がやはり賢明です。
そして、無事に妊活が上手く行ったとしても、あんまりにも高齢になってから子供が出来ると、育児についての不安が男女共に大きくなると言うデメリットもあります。
特に男性の場合は、40代の後半で子供が出来ると、サラリーマンの場合は、間違いなく経済的に苦しくなります。
かなりの貯金があれば別ですが、やはり子供が定年を迎えた後に、大学進学を迎えたりすると大変です。
経済的な問題からも、やはり妊活は男性にとっても、できれば40代の前半までに成功するのが理想的だと思います。
まあ、男性が自営でいつまでも働けるのであればよいですけどね。
男性も経済力で考えるのであれば高齢での妊活は、あんまりお勧めできなくなってきます。

 

 

妊娠適齢期とは?

日本の初産平均は30歳と言われています。
でも、妊娠適齢期は20歳から35歳と言われており、初産の平均年齢ってすごく理想とする適齢期よりも遅れが出ているのがわかります。
妊娠適齢期から排卵検査薬によるタイミング法に挑戦すれば、それほど苦労しないで子供が出来る人もいます。
でも、排卵検査薬によるタイミング法を試しても、妊娠適齢期の平均を超えている人は、なかなか自然妊娠が難しい場合もあります。
個人差がありますので、排卵検査薬を使って平均何年で妊娠できるかというのはわかりません。
ただ、一般的には、排卵検査薬によるタイミング法の挑戦期間の平均は1年~2年程度と言われています。
よく女性は30歳になってくると出産を焦って来る人が出てきますが、男性の場合は、40歳を目前にすると焦る人が出て来ると言う話を聞きます。
というのも、やはり男性の場合は、定年から逆算した時に、子供を十分に経済的に面倒みてあげることができるのは、やっぱり40歳くらいがギリギリになってくるからです。
40代の前半であれば、貯金や退職金を使えば、何とかなりますが。
やはり40代の後半で60歳定年だと、かなり厳しい状況になってしまいますので焦るのも仕方ないと思います。

 

 

排卵検査薬を使う平均本数はどのくらい?

妊活ブロガーさんを見ていると、実は排卵検査薬を使う平均本数って、自分が考えていたよりも、ずっと多いんだなって思います。
自分は排卵検査薬を1日1本平均で使用していましたが、妊活に成功している人は、1日2本とか3本が当たり前!
排卵検査薬の使用本数によって、妊活の成功率も変わってくるのかなって思いました。
しかし、排卵検査薬でせっかく子供が出来たとしても、親が高齢の場合は、障害が出る可能性も出てきます。
やはりどんなに医学が進歩しても、それは出産の環境が良くなるだけで、妊娠適齢期が伸びるとか、高齢出産のリスクが大幅に減るとかではありません。
やはり障害が子供に出ても、本当に愛せるのか?
よく考えないといけない問題ですよね。
特に男性の高齢が原因でよく起こると言われているのが、自閉症の問題です。
自閉症は、出生前診断では、わからないので、実際に生まれてから問題に直面する親御さんも多いです。
そのため、出生前診断で、障害がないと喜んでいても、後から色々な問題が出てくる可能性もあります。
高齢出産は、ダウン症などの確率も高いと言われていますので、全てを覚悟して子供を生む決心をしないと、やっぱり効果が残るのかなって思います。

 

 

排卵検査薬は初心者

ワンステップ排卵検査薬の初心者の頃は、1日1本使用が平均ですが、長く妊活していると、排卵検査薬の平均使用本数がドンドンと増えてきます!
あまりにも長い妊活期間になってくると、今度は夫婦で意見が分かれるようになってくることもあります。
例えば、高齢出産になってくると、ダウン症などのリスクが高くなていることもあり、本当に高齢妊活を続けることが幸せなのか、疑問を感じることもあります。
どうしても子供が欲しい人は、やっぱりそれでも良いと思うんでしょうけどね。
ただ、高齢で妊娠出来ても、流産やダウン症など、なかなか自分が望む妊娠生活を送れない可能性もあると覚悟をしないといけません。
不妊治療をしている人の中でも、流産は結構多いんですよ。
せっかく、成功しても、やっぱり流産になってしまい、残念な思いをしている人が多いです。
不妊治療をすれば、絶対に子供が出来るという保証はありません。
やはり保証がないからこそ、いざという時に、それでも良いのか、考える必要がありますね。
障害があっても子供が欲しいと思う人もいますが、やっぱり障害児であれば、欲しくないと思う人もいます。
夫婦でも、障害が残る子供でも欲しいかどうかっていうのは、やっぱ違ってきますね。

page top